ダイエットが原因の便秘

すべてのダイエット方法が便秘を引き起こすというわけではありませんが、身体によくない影響を与えるダイエットは便秘を引き起こす元となります。
たとえば、カロリーの少ない特定の食品のみを食べ続けるダイエットや、あるいは食事の量をただ減らすだけのダイエットは便秘の元となります。
まず、極端に食事の量を減らすと、便の元が減りますので、出にくくなります。
そして口にする食品が偏れば、当然栄養バランスも偏ります。

食品から摂りこまれた栄養素は、互いに影響を与え合うことで有効に働きますので、食品の偏りは体重を一時的には落としますが、それ以上に悪影響を与えます。
たとえば脂肪分をまったくとらないと、せっかく摂った栄養素の吸収率は極端に落ちてしまいます。
そしてサラダだけ食べるようなダイエットですと、便を出しやすくする水溶性食物繊維が不足することがありますので、便秘を招くのです。

また無理なダイエットをしていると、脂肪だけではなく筋肉が落ち、さらにほとんど運動をしないと、筋肉はますます低下していきます。
そうすると、腸の運動や排泄に関わってくる腹圧も低下するため、ますます便が出にくくなってしまうのです。
便秘解消のためには、少量でもさまざまな食品を摂ること、適度な運動を取り入れることを心がけるといいでしょう。