便秘解消を便意を我慢することなく行う

便意を我慢しないことは便秘解消のための基本といえます。
便意を我慢してしまうことが、身体のリズムを崩すことにつながり、そこから便秘が起こるのです。

本来であれば、直腸に便がたまってくると直腸が拡張し、肛門括約筋の反応が起こり、結腸に信号が送られ、蠕動運動が一層高まるという一連の反射が起こるようになっているのですが、せっかく起こった便意を我慢していると、この反応が阻害されることになり、便意までも消えてしまうことになります。
何度もこれが繰り返されると、神経のはたらきが鈍って便意を感じなくなってしまい、ひいては直腸・結腸の反射も、胃と大腸との反射も起こりにくくなってしまいます。

便意を起こさせるためには、便意が起こりやすくなっている朝にしっかり朝食を取るようにし、便意を感じたらすぐにトイレに行くようにしましょう。
朝食後にトイレに行くという習慣をつけることが便秘予防・解消の第一歩といえます。
もしトイレが塞がっていたとしたらその時は仕方なく我慢し、便意が消えてしまっていたとしてもトイレに入り、排便するように努力することが大事になります。
毎日これを続けていると、多少のタイミングのずれはあっても便意が起こるようになってくるはずです。