毎日の食事で便秘解消

1日3回の食事を取るということが便秘解消のためにはとても重要です。
というのは、食事を取ること=腸に刺激を与えることになるためです。
また、便は食べたものの残りカスとしてつくられるものですので、何も食べないとそもそもの材料がなくなってしまいます

そして、食事の中でもっとも便秘解消のために有効になるのが朝食です。
朝食を食べることで活動レベルが下がり始めた副交感神経に働きかけ、午前中の活動をサポートすることになります。
量をたくさん食べた方がいいというわけではありませんが、ある程度の量は必要です。

大切なのは、まずは何を食べるか、ではなく、何かを食べることです。
栄養のバランスを考える余裕がなくとも、とりあえずなにかを口に入れることが便秘解消につながります。
便利なのはバナナを食べることです。
調理をする手間もかかりませんし、時間がなくとも簡単に食べられます。
ヨーグルトを食べるのもいいでしょう。
ヨーグルトの乳酸菌には腸の中の善玉菌を増強する作用があり、腸の蠕動運動を活性化させることにもつながります。

少なくとも朝にジュース1杯はとりたいものです。
ミキサーがあれば、りんごと人参をすりおろしたジュースを用意しておくと大きな効果があります。