便秘解消はミネラルウォーターで対応する

便秘解消に効果があるミネラルウォーターは、炭酸とマグネシウムを多く含んでいるものです。
炭酸水は水分の補給や冷たい刺激を与えるだけでなく、炭酸ガスが胃を刺激して大腸の運動を引き起こすことで便秘解消効果が期待できます。
マグネシウムは下剤にも使われており、腸管の神経細胞を回復させたり、腸から水分を引き出したりするなど、便を軟らかくする作用があり便秘に効果があります。

国内のミネラルウォーターでマグネシウムを多く含んでいるのは霧島周辺の水を用いたものであり、日本の水では珍しく、新陳代謝を促すサルフェートも含まれています。

炭酸を含んだ飲みやすいミネラルウォーターとしては、イタリアのランツォディンテルヴィに水源をもつものがあります。
炭酸がずば抜けて高い割にナトリウムがほとんど含まれていないので身体に与える影響が少ないのも特徴です。

フランスのエクスレバンでつくられるミネラルウォーターはマグネシウムを多量に含んでおり、マグネシウムが不足しがちな日本人には向いています。
イタリア・ナポリ近郊のスタビア地方を水源とするミネラルウォーターはカルシウムとマグネシウムを多量に含むのが特徴です。
フランスのコントレックスは硬度がずば抜けて高く、マグネシウム含有量も飛び抜けて高くなっています。