便秘解消をストレスをためずに行う

ストレスをためない便秘解消として、マッサージでリラックスしつつ身体のツボを刺激する方法があります。
てっとり早く腸の蠕動運動を引き起こすので、イライラせずともすみます。

まずは手のひらをこすって熱をもたせ、重ね合わせた手を下腹のへその下に置きます。
その手のひらでへそを囲むようにして楕円を描きつつマッサージしていきます。
そして指の腹を腹壁に食い込ませるようにして押しつつ、押しては動かしを繰り返します。
指の腹で鼠径部を強く押しこむと、便意がよくつくきっかけになります。

また、使い捨てカイロなどを使って、へそとへその裏側にあたる背中の部分をよく温めるとより効果的になります。
特に、お腹に冷えがあってハリがあるときには、お腹と背中をよく温めることが大切です。
人によっては温めるだけで腸が動きはじめ、たまっているガスが排出され、便意が促されることがあります。

便秘をしている人はよく肩こりを伴い、それがストレスにつながることがあります。
便秘に伴って肩や首、背中などがこるときには、そのこりを取り除くことが大切です。
やや大きめのスポーツタオルなどをお湯で温めて首筋から肩を包むようにして温湿布してやると、ストレス解消と共に血行の回復もはかれます。